水虫とは

水虫という言葉はよく聞きますが、はたしてどんな病気かご存知でしょうか。
水虫はよく足や足の裏にできる皮膚病で、激しい痒みを伴ったり、皮膚がただれたり、水疱が出来たりする症状が特徴的な病気です。

白癬菌と呼ばれる、いわゆる真菌というカビが皮膚に付着することで感染するわけですが、水虫は何も足や足の裏にだけ出来る病気ではありません。
手や爪、頭部、体など至るところに出来る病気です。

水虫に発症した箇所によって呼び名が異なりますが、原因は全て白癬菌というカビです。
ちなみに一口に水虫といっても、大きく分けて4種類に分類されます。

代表的な水虫である、足の指の間の皮膚が白くふやけたり、激しい痒みを伴うものは「趾間型水虫」と呼ばれるもので、感染率が高いので水虫の代表的なタイプといえます。
他にも小水疱型水虫、爪水虫、角質増殖型水虫なんてものもあります。

それぞれ出来る箇所や症状も異なり、患部が硬化したり、あるいはボロボロになったり、痒みを伴わないものもあります。
とにもかくにも水虫の原因は白癬菌ですから、角質がある場所ならどこにでも出来る可能性はあるということです。

代表的な趾間型水虫を除き、水虫に発症しても気づかないこともあり、隠れ水虫になっている人は意外と多いのです。
少しでも気になったら皮膚科を受診し、検査してもらった方が良いかもしれません。

お役立ちサイト